1. HOME
  2. 村の紹介
  3. 位置と地勢
  4. 真狩村の概要

位置と地勢

【お問い合わせ先】 総務企画課総務係  電話 0136-45-3610

真狩村の概要

「えぞ富士」と呼ばれ親しまれている羊蹄山の南ろくに位置し、農業を基幹産業として発展してきた純農村です。主要な作物は、じゃがいも、大根、人参などで、中でも食用ユリ根は、全国一の出荷量を誇っています。また、演歌歌手の細川たかしさんの出身地としても良く知られ、村を流れる真狩川河川公園には、熱唱する「細川たかし記念像」が置かれ、観光スポットとして賑わっています。

村政施行日 大正11年4月1日
村役場所在地 北海道虻田郡真狩村字真狩118番地
代表電話番号及び
ファクシミリ
電話 0136−45−2121
ファクシミリ 0136−45−3162
交通機関 道南バス(倶知安駅から留寿都・洞爺行き乗車)
最寄のJR駅 JR函館本線「倶知安駅」
最寄の高速道IC 北海道縦断自動車道「洞爺湖温泉」
面積 114.25平方キロメートル
人口と世帯 最新の数値はこちらをご覧ください
村名のいわれ アイヌ語「マクカリペッ」・・・羊蹄山を取り巻く川より転化したもの
村の字名の由来はこちらをご覧ください。
村のシンボル 木「カツラ」...開村80周年を記念して昭和50年に指定
真狩樹木園、桂並木をご覧ください。
花「ゆりの花」、「ジャガイモの花」...開基120周年を記念して平成27年に指定
キャッチフレーズ 笑顔咲く ふれあいの村 まっかり(第5次真狩村総合計画
姉妹・友好都市 香川県観音寺市(平成3年10月9日提携)
ゆかりのある著名人 細川たかし(演歌歌手)八洲秀章(作曲家・故人)、一原有徳(版画家・故人)
主な観光名所・スポット 見る・遊ぶ・学ぶイベント情報羊蹄山をご覧ください
主な特産物 食べる・買うゆり根レシピをご覧ください

真狩村民憲章(昭和48年9月18日制定)

わたしたちの真狩村は、自然美を誇る秀麗たぐいなき羊蹄山の麓にあり、厳しい風雪を克服しながら原始の荒野を切り開いた先人の強い意志と努力により発展を遂げた村です。
わたしたちは真狩村の村民であることに誇りを持ち責任を目指し、たくましい開拓精神を受けつぎ、この大地の上に豊かで平和な村づくりにつとめています。

 

生涯学習の村宣言(昭和56年9月25日制定)

わたくしたちは、しあわせな人生をきづくために「いつでも」「どこでも」「だれでも」学び続ける願いと、住みよい地域づくりを通して「緑の大地とうるおいの郷」の実現を生涯学習に求め

1  より豊かに生きるために自ら学習につとめます。

2  よりよい学習環境づくりにつとめます。

3  よりよい地域社会の創造につとめます。

ここに全村民とともに真狩村を「生涯学習の村」とすることを宣言します。